顔の手入れ

たるみをプチ整形

女性

二重の整形はまぶたのみならず、あごにも適用できます。たるみ肌となる二重あごにコンプレックスを抱えるのは男性にも言える事柄であり、自然な仕上がり、引き締め効果を期待したプチ整形が業界で提案されるなど、医療の質の向上も注目されています。

詳細を確認する...

目を大きく見せる効果

顔の手入れ

目はぱっと見た瞬間、一番印象を与えるパーツと言われており、それゆえにぱっちりした二重まぶたに憧れる人も大勢いるようです。そんなまぶたを二重にするための方法は、美容整形の中でもプチ整形として有名です。

詳細を確認する...

魅力と自分でできる方法

整形

女性は二重まぶたにあこがれる人がとても多いです。その理由は二重になると、目元がぱっちりして華やかで優しい印象を与えることGは出来るからです。二重にするには整形が一番の方法ですが、自力で根気よく続けることでも作ることができます。

詳細を確認する...

好きな目になれる

整形

二重まぶたになるためには、失敗しないクリニック選びです。そして、注目度が高まっている要因になりたい二重まぶたを手に入れることが挙げられます。そして、美容整形に抵抗が少なくなってきているため人気となっています。

詳細を確認する...

パッチリした理想の目元

女性

女性にとって、美しくなりたい悩みを抱えているケースも少なくなく、そう考えるのは美意識の高い女性ならば誰もが抱く事柄と言えます。美容整形において、憧れる人物のように目を大きく見せたいと二重まぶたを作り出すプチ整形も近年では主流になっていますが、安易な考えに注意も必要です。二重まぶたにせよ二重アゴにせよ、骨格から肉付きまで1人1人で異なり、誰かに似た美しさを手にすることで他のパーツに違和感が生じるケースも考えられています。特に第一印象を左右するのが目元であり、人との会話では互いに目を見ながら行うために女性がもっとも悩むパーツでもあります。二重まぶたを作り出す美容整形においては特にデリケートなパーツとなりやすく、埋没法による整形術でも1mm単位でのラインの差が見た目の印象を大きく左右してしまいます。手軽に利用できるようになったプチ整形術ですが、憧れのラインを作るにはカウンセリングによるドクターとの美的センスの共有も重要視する必要が挙げられています。これまではドクターに一任してきた施術ですが、ラインの幅などにこだわる女性が増えるようになった昨今、同じ思考を持つドクターとの相談によってこだわりある美しさを手にすることに繋げることができるため、術式だけに捕らわれないこともポイントとなります。

パッチリとした二重まぶたに仕上げるプチ整形の特徴としては、埋没法と呼ばれるナチュラル法が一般化し、主流となる術式としてクリニックでは展開されています。切開することなく、まぶた裏側から医療用の糸で筋肉を結び理想のライン幅を作り出します。また、よりパッチリとさせるには全切開法が展開されており、二重ラインを全て切開し、余分な皮膚や脂肪を切除する施術であるのが特徴です。その他、ラインを作り出すための糸を通す場所は、まぶた裏側の瞼板と眼瞼拳筋の2ヵ所で行われるため、自然な印象に見せることができ、この2ヵ所の筋肉を結んだり切除が行われています。また1人1人の骨格や筋肉組織などに違いがあり、全体的なバランスを視野に入れたライン取りが重要視されており、まぶた全体が覆い被さる一重まぶたの場合の選択肢には、黒目を印象付けたパッチリ感や自然なラインとしたい場合に適した奥二重をはじめ、末広型や並行型の二重まぶたなどが提案できるのも特徴の1つです。医療用の糸は髪の毛よりもさらに細く、まぶたを閉じた際の糸やキズ跡は目立たず、1ヵ所あるいは2ヵ所を結ぶ施術がリーズナブルな費用で展開されており、まぶたの皮膚の厚みあるいは重さによって結ぶ箇所が決められます。