女性

たるみをプチ整形

女性

二重の整形ではまぶたのプチ整形術が一般的ですが、たるみは皮膚組織が部分的に変形してしまうことで生じており、まぶたのみならず、あごも整形でスッキリさせることが可能となります。美しさの意識は女性ならではですが、近年では男性も見た目を意識する時代となり、中高年層においてもメタボによる二重あごに悩みを抱えています。こうした背景も重なり、業界では男性も利用できるたるみ解消の整形術をラインナップさせる動きに邁進しています。まぶた同様、物理的に引き上げることがたるみを解消させる手段となり、原因にアプローチできる術式をラインナップさせることが重要視されています。二重になる皮膚は、脂肪や筋肉などの皮下組織を引き上げることが大切であり、皮膚のみにアプローチしても元に戻りやすい難点が挙げられています。さらに整形は女性が行うイメージが根強く、周囲に整形した結果がバレないナチュラルな仕上がりや違和感の払拭を男性には提案する考えです。例えば、まぶた・あごのどちらにも言えるのが、引き上げるための医療用の糸にこだわる見通しで、肌色に溶け込む糸をはじめ、体内に吸収される糸や極細糸などを提案し、男性の悩みもサポートする流れです。

パッチリした二重まぶたに憧れる女性は多いものの、二重あごのたるみに悩む男性も急増しています。プチ整形などの術式が注目されるようになり、こうした悩みも解消させることができます。二重あごの原因は皮下脂肪のたるみにあり、SMAS筋膜などの表情筋が加齢によって緩んでしまい、脂肪が重力に逆らえずにたるみを招きます。まぶたも同様で、重力に逆らって引き上げる整形術によって悩みを解消させることがラクに行えます。手軽な方法で二重あごをシャープに魅せるには、人体に元からある成分のヒアルロン酸を注入することでキュッと引き締まったあごのラインを作り出すことができ、男性でも小顔効果までが期待できる整形テクの1つになっています。またあごのたるみではなく、筋肉にアタックすることによって引き締め効果を得ることも可能で、例えば、エラを細くするボトックス整形術でスッキリしたあごラインを作り出すことができます。また、数ヶ月かけてゆっくり作用するため、周囲には整形と疑われずに効果を得ることが可能です。女性と異なり、男性の場合にはエラ部分の咬筋の位置が出ているため、そこを引き締める整形テクによって輪郭全体が小さくまとまりやすくなります。